2014年撮影 福島県いわき市 国宝 白水阿弥陀堂 古代蓮

ポジフィルム・ベルビア M42マウント キヨハラ50mmレンズ

F値開放 ピントずらし・多重露出撮影

 

 

早朝に花を開き、日が高くなるとともに蕾状に閉じます。

3日程で花びらが下がり始め、蕾状を維持できなくなってきます。

花びらが開き始めてから5日ほどで、一枚、また一枚と花びらが落ちます。

 

真ん中の蓮床は、やがて茶色になり、粒々のところには種子ができて焦げ茶色の円盤状に盛り上がります。

 

花びらの中に顔を近づけると仄かなミントの香りがします。

 

この時期になると早朝からカメラマンが並びます。

見頃は7月中頃から8月上旬まで。

 

※ 花が咲く音はしません(笑)。

古代蓮の根にレンコンはなりません。

茶色になった種子は、乾煎りすると美味しいそうです(食べたことはありません)。

広告

ご感想や質問などのコメントをたくさんお寄せください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。