原発避難いじめに対する道徳 . . .

知りたければ自分で調べてください。そんな親切は持ち合わせていない。ということですね。
そういう思考回路じゃ、、ねぇ . . .

福島県HPのどこから入れば閲覧できるのでしょうか?
それを誰にも分かりやすく公知しなければ意図が伝わらないと思うし、いじめ道徳対策に繋がりませんよ。  現場教諭がボヤいているんだから。

で、、検索をかけて調べてみたら、こんなんでましたぁ~。

==============================

組織が複雑で、こんなに階層が深くちゃ辿り着けないね。

福島県HP  https://www.pref.fukushima.lg.jp/
  ↓
教育委員会(教育庁)  https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/17.html
  ↓
義務教育課   http://www.gimu.fks.ed.jp/
  ↓
道徳・人権教育支援事業  http://www.gimu.fks.ed.jp/htdocs/?page_id=24
             ↑
ここまで来てようやく初めて見ることができる。

==============================

NHK福島ニュースから 原発避難いじめ 教材再配布へ

http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055504201.html

原発事故で避難している子どもへのいじめが相次いで明らかになる中、福島県は、震災後、独自に作成した、福島への偏見などについて書かれた子どもの作文が載っている道徳用の教材を県内の学校に改めて配布するとともに、すでに全国に配った冊子を有効活用して福島県への理解や偏見の解消などに役立ててほしい考えです。

原発事故で避難している子どもを巡っては、横浜市の現在、中学1年の生徒が、転校先の小学校でいじめを受けていたことなどが明らかになっています。

こうしたことを受けて福島県は、県内の市町村にも、避難指示区域やその周辺から避難している子どもがいることから、以前、独自に作成した、震災と原発事故について子どもたちが書いた作文などをまとめた道徳用の教材の活用を促したい考えです。

教材には、震災当時、福島の人が置かれた状況や福島への偏見などについて書かれた作文が載っていて、中学生が、風評被害について、「福島のモモは、『差別されているのだ』とはっきり感じた」と書かれたものもあります。

この教材は、県内の公立学校の教員に配布されていますが、子どもたち自身が手に取りやすいよう、県では、来年度、新たに児童生徒用に編集して6万5000冊を配布したい考えです。

また教材は、すでに全国の自治体にも配布していることから、県についての理解を深め、偏見の解消に役立ててほしい考えで、県では、「ホームページでも閲覧できるのでぜひ活用してほしい」としています。

広告

ご感想や質問などのコメントをたくさんお寄せください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。