アーカイブ

月別アーカイブ: 8月 2016

福島民友 : 2016年08月15日付 炉心部に溶融燃料なし 廃炉研究機構が推定、第1原発1~3号機 記事(http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160815-100748.php)内容(註1)について、国際廃炉研究開発機構(IRID・アイリッド / http://irid.or.jp/)計画開発部担当者に問い合わせ。

私   記事では1~3号機ごとの推定分布量を「初めて公表」、とあるが、そのリリースはどこに掲載されているのか、教えていただきたい。

担当者 福島民友記事において初めて公表、と書かれているが、それは間違っており事実ではない。
なぜならば、1~3号機ごとの推定分布量は、IRIDが2016年3月にすでに公表しているからである。
ただしその推定分布量は机上での理論推定数値であって、ミュオン測定のものでもロボット測定のものでもない。
http://irid.or.jp/_pdf/201509to10_06.pdf?v=3
当該資料のとおり、2016年3月にリリースしている。

私   では、ミュオン測定は核燃料等デブリの位置を確認したものであって、各号機のデブリ推定分布量とはリンクしていないということか?

担当者   時系列で申せば、まずIRIDにおいて東京電力福島第一原子力発電所1~3号機ごとの溶融核燃料等デブリの推定分布量を机上に置いて計算し算出したのが3月。
次に、1号機の外側から、例えればレントゲン写真を用いて炉心内に核燃料が残っているかどうかを確認した。
本年7月にミュオン測定によってデブリの位置を確認した。ということになるので、報道されたような推定分布量を初めて公表ということはない。
資料を送るので貴殿においても確認していただきたい。

私   詳細な説明をありがとうございました。
福島民友さん、しっかりした裏付け取りと正確な表記をしましょう。

 

国際廃炉研究開発機構(IRID)による福島第一原子力発電所のメルトダウン燃料等デブリ推定重量

ミュオンによる2号機デブリ状況図-1

 

(註1) 東京電力福島第1原発の廃炉に向けた技術開発を進める国際廃炉研究開発機構(IRID)は14日までに、溶け落ちた核燃料(デブリ)の1~3号機ごとの推定分布量を初めて公表した。
原子炉内の推定が最も難しい2号機は、1、3両号機と同様に炉心部にほとんどデブリなどが残っていないと評価した。

広告

・虫歯が増えていませんか?  歯の表面がザラザラして見えたり、ほかの場所と色が違って変色していませんか?

・脚がО脚になったり、X脚になったりしていませんか。

・骨硬化症(関節の変形)がありませんか?

・声がれ(嗄声(させい))が気になりませんか。

・風邪や感染症をひきやすくなったり、治りにくくなっていませんか?

・感染症が慢性化して、なかなか治らないということはありませんか?

・生理が乱れていませんか?(女の子の場合) 付記:生理が止まらない を含む。

・白髪が目立って出てきていませんか?

・体の節々(骨や関節)が痛いと言いませんか?

・筋肉の麻痺や足首、関節の痛みがありませんか?

・よく観察すると、お子さんの目の下に薄い墨のような隈がありませんか?

・皮膚の異常がありませんか?  アトピーが酷くなっていませんか?

・ぜんそくが悪化していませんか?

・一時的に発達が遅れていませんか? (他の子と比較して身長が伸びない等)

・女の子なのに体型が男性っぽく見えたり、男の子なのに体型が女性っぽく見えたり、微妙な変化はありませんか?

・以前と違って、すぐに横になることが増えていませんか?

・運動をして胸が痛いと言いませんか?

・胸がなんとなく痛そうに撫でていたり、押さえたり、呼吸が苦しそうな様子はありませんか?

・爪の形がカーブを描いていたのが扁平になったり、デコボコしたり、波状に変形したり、筋が入ったり、色が変わってきていませんか?

・皮膚が以前と比べて異常に白くなっていませんか?

・首の両側を柔らかく触診して米粒ほどであってもコリコリするしこりがありませんか?

・福島原発事故後、半年~1年後くらいに、足のふくらはぎにダニに刺されたような赤い斑点模様が異常なほど多数出ませんでしたか? (特に若い女性)

・みみず腫れのような赤い筋(一見すると低温火傷のよう)が足に出ませんでしたか?

・食事の際、味が変わった(味覚の低下)と言いませんか?

・口内炎の発症がありませんか? 頻度が多くありませんか?

・腎臓機能の異常が出ていませんか?

参考(1996年 チェルノブイリ事故後のウクライナでの子どもの疾病)
被災地域の子供の病気の構成
疾病の種類      %
呼吸器系の病気   61.6
神経系の病気     6.2
消化器系の病気    5.7
血液,造血器系の病気 3.5
内分泌系の病気    1.2

ドミトロ・M・グロジンスキー
ウクライナ科学アカデミー・細胞生物学遺伝子工学研究所(ウクライナ)

 

緊急問題提起

チェルノブイリ原発事故後、民間の医師達から子ども達の健康に説明のつかない異常が多発している、との指摘が頻発し、被曝との因果関係を巡って論争が戦わされた結果、被曝と小児甲状腺癌との間に因果関係(エビデンス)があるとの落とし所で妥協されたのは広く知るところだ。

しかしウクライナでは、小児甲状腺癌以外に心筋梗塞や骨の変形、疲れやすくなった、歯に異常が出た、視力に影響が出た等々の、所謂、健康障害が多発していることも事実だ。

福島原発事故による被曝影響の小児甲状腺癌の因果関係は、「これまでのところ被曝の影響は考えにくい」と曖昧に引き延ばされたままだが、2016年6月6日現在131人の小児甲状腺癌の中に事故当時5歳だった男児1人が含まれたことは、チェルノブイリ事故による低年齢児に小児甲状腺癌が発生した事実と照らし合わせて実に憂慮すべきことだ。

となると、福島(日本)でも、チェルノブイリ原発事故によるエビデンスが認められなかった上記のような健康障害が密かに侵蝕していることが危惧されるところだ。

私達は繰り返し問いたい。 そして注視していただき、勇気をもって前に進んでいただきたい。
この問題を真剣に考えている医師はいらっしゃいます。

・虫歯が増えていませんか?  歯の表面がザラザラして見えたり、ほかの場所と色が違って変色していませんか?

・脚がО脚になったり、X脚になったりしていませんか。

・声がれ(嗄声(させい))が気になりませんか。

・風邪や感染症をひきやすくなったり、治りにくくなっていませんか?

・生理が乱れていませんか?(女の子の場合) 付記:生理が止まらない を含む。

・白髪が目立って出てきていませんか?

・体の節々(骨や関節)が痛いと言いませんか?

・よく観察すると、お子さんの目の下に薄い墨のような隈がありませんか?

・皮膚の異常がありませんか?  アトピーが酷くなっていませんか?

・ぜんそくが悪化していませんか?

・感染症が慢性化して、なかなか治らないということはありませんか?

・一時的に発達が遅れていませんか? (他の子と比較して身長が伸びない等)

・女の子なのに体型が男性っぽく見えたり、男の子なのに体型が女性っぽく見えたり、微妙な変化はありませんか?

・以前と違って、すぐに横になることが増えていませんか?

・運動をして胸が痛いと言いませんか?

・筋肉の麻痺や足首、関節の痛みがありませんか?

・胸がなんとなく痛そうに撫でていたり、押さえたり、呼吸が苦しそうな様子はありませんか?

・爪の形がカーブを描いていたのが扁平になったり、デコボコしたり、波状に変形したり、筋が入ったり、色が変わってきていませんか?

・皮膚が以前と比べて異常に白くなっていませんか?

・首の両側を柔らかく触診して米粒ほどであってもコリコリするしこりがありませんか?

・福島原発事故後、半年~1年後くらいに、足のふくらはぎにダニに刺されたような赤い斑点模様が異常なほど多数出ませんでしたか? (特に若い女性)

・みみず腫れのような赤い筋(一見すると低温火傷のよう)が足に出ませんでしたか?

・白血球分画検査をご存じですか?