毎時0.23マイクロシーベルトのおよそ2倍へ

毎時0.23マイクロシーベルトのおよそ2倍へ 国が除染目標値の引き上げを検討
http://www.fct.co.jp/news/

原発事故からの復興の前提となる除染について、環境省が新たな方針を自治体と協議していることがFCTの取材で分かりました。
それは、除染で達成すべき空間放射線量の目標で、これまで1時間あたり0.23マイクロシーベルトとしていたものを、およそ2倍に引き上げようというものです。
環境省は、除染ガイドラインで、除染後の空間放射線量を毎時0.23マイクロシーベルトとする目標値を定めています。
この数値は、年間の追加被ばく線量の1ミリシーベルトから算出されています。
環境省はこの目標値について、今のおよそ2倍の毎時0.4から0.6マイクロシーベルト前後に引き上げる方向で、自治体と協議を進めていることがFCTの取材で分かりました。
除染後の線量の目標については、県内の一部の自治体から「0.23マイクロシーベルトの達成は難しい」として、環境省により現実的な目標に見直すよう要望が出ていました。
環境省などでは、これまで目標値の毎時0.23マイクロシーベルトを上回っても実際に被ばくする線量は年間1ミリ以下におさえられるとしていて、今月15日にも自治体を集めて、除染目標の引き上げについて話し合いを行うとしています。

広告

ご感想や質問などのコメントをたくさんお寄せください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。