きっと、きっと  - つぶらな瞳たちへ –

きっと、きっと  - つぶらな瞳たちへ -  志田弘子

ちいさな手と ちいさな足と つぶらな瞳をもって  あなたは来てくれた

おおきな泣き声と 目の回るやんちゃさと とろけるような笑顔をもって
あなたは来てくれた

限りない未来 あふれる喜び…を贈りものとして  あなたたちは来てくれた

私たちは何を贈れるのだろう

地のそこかしこ、 争いは絶えず 多くのいのちが失われる

子どもたちが踏みにじられる

ちいさな魂は、鳥になって空を飛ぶ

けれど、どんなに大地を駆けたかろう

– 小さな手 -   血まみれになってはいけない
– 小さな足 -   砕けてはいけない
– つぶらな瞳 –  やせ細り うつろに見開かれてはいけない

私たちは何を残していくのだろう

ただ目の前の豊かさしか見ず

山をつぶし、海を汚し  生けるものを追い詰める

行き場すらない放射能は  身に深く、大地に深く

静かに静かに、溜まり続ける
消すすべもなく、溜まり続ける

果てない争い・・・  子どもたちが望んだ?
大地のうめき・・・   子どもたちが望んだ?

私たちは、追いかける物が多すぎて  目が見えなくなったかのようだ

ちいさな背中に重い荷を乗せ
生きることの希望まで、
奪い尽くすかのようだ

いま・・・揺らぐ大地  叫ぶ海  見えぬ恐怖

人の力の及ばない あまりの悲しみ 失った悼み  哭く こころ

やわらかな手足に思う、あどけない多くの子どもたち

あたたかな頬に願う、すこやかな明日

私たちは、手渡したい

野の花、萌える草  香る大地

渡る風、揺れる樹々  きらめく海

めぐりめぐる、すべてのいのち

子どもたちを、護り育ててくれる優しいものたち

瞳をこらそう  小さな笑顔を護り抜くため

耳をすまそう・・・  いのちこそを聴き取るために

私たちが渡せるもの

大地からのあふれる恵み

私たちが贈れるもの

いのちの未来につなげる希望

それはきっとできるはず

かけがえのない、つぶらな瞳が手を差しのべる

きっと、きっと、 できるから

広告

ご感想や質問などのコメントをたくさんお寄せください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。