みなさまへ

みなさまへ

つい先ほど、お母さんから電話がありました。

最初はとっても不安で不安で仕方ありませんでした。 覚悟をしていたつもりでしたが、それでも事実を知ることがこれほどに打ちひしがれるものだとは思いもしませんでした。

でも、私と娘は一緒に歩き出しました。

このプロジェクトの場を作って下さってありがとうございます。

今、私と娘は、とっても明るい毎日を送っています。

次がある。 その先もある。 絶望ではない。 これほどにはっきりとしたことはありません。

私たち親子は不安の中から解放されました。

事実を知ることが、これほどに親子の心を結び付けるものか、と思っています。

私たち親子の心をしっかりと繋ぎあわせて下さっている、みなさまの温かい心に“せいいっぱいの心で、ありがとうございます”と申し上げます。

 ==================

 このプロジェクトの不動基盤は、福島原発事故が起きてしまった事実を踏まえて、その先に何が必要なのかを問うているところにあります。

刑事訴訟法では「疑わしきは罰せず」が原則ですが、事故の事実があり放射性物質が拡散している事実があるならば、過去の事故の先例を考慮して『疑わしきは罰する』の危機予防・管理の大原則が必要である、と私は思います。

『命・笑顔・未来』を護る方法論・オプションは多岐であり、あって然るべきものと思います。 このプロジェクトもそのスタートの一つです。

勇気を出して事実を知ってほしい。

その時の事実が、その先に進んだ時に安心に変わるならば大きな喜びをお子さんと共に共有することができる。

その先の事実が、その先に進んだ時に、新しい事実になるならば、更に心を繋ぎあわせ、勇気をもって堂々と立ち向かっていってほしい。

途は果てしなく続いている。 その先には必ず希望がある。

不安の漆黒闇の中で迷い続けることから抜け出すことに勇気を持ちましょう。 一歩前へ踏み出してみませんか。 この一点以外に何もありません。 『命・笑顔・未来』を護るために…

http://youtu.be/Sbq1pnl22Z8

希望の大輪プロジェクト 新妻邦嗣

広告

ご感想や質問などのコメントをたくさんお寄せください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。