福島県の森林汚染調査 腐葉土最大23万ベクレル

福島県の森林汚染調査 腐葉土最大23万ベクレル

福島第1原発事故で福島県内の森林(避難区域を除く)の腐葉土の放射性セシウム濃度が1キログラム当たり最大23万2980ベクレルだったことが8日、県の森林汚染状況調査で分かった。

広範囲な森林汚染の実態を裏付けている。

腐葉土の最大値は県北地方の森林で測定された。最小値は344ベクレルで平均は2万2709ベクレルだった。

土壌は最大が2975ベクレル、最小が不検出で平均は634ベクレルだった。

葉は、

原発事故前の2009~10年に出た旧葉が最大7万6964ベクレルで平均1万1092ベクレル、

11~12年に出た新葉は最大3万2441ベクレル、平均4358ベクレル。

樹皮は最大1万3093ベクレル、平均1694ベクレルだった。

空間線量率は毎時0.08~2.61マイクロシーベルトで

平均0.61マイクロシーベルト

だった。

調査は昨年8~11月、県内の森林925地点で針葉樹(スギ、マツ、ヒノキ、カラマツ)を対象に実施した。

全地点で空間線量率を測り、うち90地点で樹皮、50地点で樹皮と葉、腐葉土、土壌のセシウム濃度も調べた。

調査は原発事故が起きた11年に空間線量率を測定したが、今回初めて土壌や葉、樹皮も対象に加えて詳しく調べた。

国は現時点で生活圏以外の森林を除染対象にしていない。県森林計画課は「除染範囲を拡大する必要性が調査で裏付けられた。

間伐など林業生産活動と一体化した除染を求めていきたい」と話している。

================================

※この問題をどうする※

今年の花粉は、昨年の2倍以上~5倍(気象庁)

スギ雄花に含まれる放射性セシウムの濃度の調査結果について(農林水産省)

http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kenho/130208_2.html

広告

ご感想や質問などのコメントをたくさんお寄せください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。