山下氏、長崎大復帰へ 福島医大副学長、非常勤に

山下氏、長崎大復帰へ 福島医大副学長、非常勤に

福島医大の山下俊一副学長(60)が新年度、現在は休職中の長崎大大学院医歯薬学総合研究科教授に復帰することが4日、関係者の話で分かった。

山下氏は長崎大への復帰に伴い、福島医大では今後、常勤職でなく非常勤職の副学長として、原発事故で飛散した放射性物質からの県民健康の対応に当たる。人事発令は4月1日付の見込み。

山下氏の処遇をめぐっては、世界保健機関緊急被ばく医療協力研究センター長など放射線医学の要職を歴任した経験や、原発事故直後から本県で県民健康管理体制をつくる上での中核的役割を担った実績を踏まえ、長崎大から将来の学長候補として早期復帰を求める要望が、福島医大に出されていた。

広告

ご感想や質問などのコメントをたくさんお寄せください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。