指針、第2原発に適用 拡散予測は「参考情報」

指針、第2原発に適用 拡散予測は「参考情報」

原子力規制委員会(田中俊一委員長=福島市出身)は30日、原子力災害対策指針の改定案をまとめた。

甲状腺被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤について原発の半径5キロ圏の家庭に事前に配ることなどが柱。

東京電力福島第1原発には今回の基準を適用せず、別途検討が必要とした。

県は「早急に検討する時期や進め方を示してほしい」(原子力安全対策課)としている。

福島第2原発には適用になる見通し。

福島第1原発事故で住民避難に役立てられなかった緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)のような拡散予測は「参考情報」にとどめ、住民避難への活用が期待された役割は後退した。

SPEEDIなどは、格納容器の圧力を抜くベントなど放射性物質の放出を伴う対策で活用する。

広告

ご感想や質問などのコメントをたくさんお寄せください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。