第2回国際シンポジウム東京電力福島第一原子力発電所事故における初期内部被ばく線量の再構築

第2回国際シンポジウム 東京電力福島第一原子力発電所事故における初期内部被ばく線量の再構築
甲状腺被ばく30ミリシーベルト以下 原発事故時周辺の1歳児、放医研推計
・Aさん  どれほどの人たちが、この深刻な数値を知り、近未来を予知しているのでしょうかね!?
・私  地元医師会の動きもありません。 情けない。
    この数値はあくまでも推計であって中間報告であることを真摯に受け止めるべきですよね。
    避難とか保養では解決しない問題だと思います。 英知を集めた医療体制の構築が望まれます。 …
・Bさん(いわき市の医師・休業中)  3.11直後も何もしませんでしたからね。
    患者を見捨てて逃げた医師にも何のお咎めもありませんでしたし。
    注意くらいはしてもバチは当たらないと思うのですか。
・私  いわき医師会  http://www.facebook.com/iwaki.med?fref=ts
    笑う門には福来る、、って……  (゜o゜)
広告

ご感想や質問などのコメントをたくさんお寄せください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。