汚染水、処理後に海へ放出 東電「合意得ながら」

汚染水、処理後に海放出 東電「合意得ながら」

東京電力は24日、福島第1原発で増え続けている放射性物質を含んだ汚染水について、処理装置で放射性物質を除去した後に海に放出する方針を明らかにした。

廃炉計画が妥当かを議論する原子力規制委員会検討会で説明した。地元の反発も予想され実現は不透明だ。

東電は「法令で定められている濃度未満に処理し、関係者の合意を得ながら行う」と説明。

これまでは「関係省庁の了解がなければ行わない」としていた。

東電広報は「現時点で具体的には決まっていない」と話した。

福島第1原発1~3号機では、原子炉に注水し燃料を冷却。

使い終わった水は放射性セシウムを除去して再び原子炉に注水し循環させている。

原子炉建屋には地下水が1日当たり約400トン流れ込むため汚染水は増加、東電は貯蔵タンクを追加設置してしのいでいる。  2013.1.24 21:46

==================

FBから

お友達とお話し → 経済傘下の搦め手 → NATO的落としどころ模索 →  知者能弁・賢者沈黙 → 超法規的措置 → 有名無実化 → 貯蔵タンク増設 → 地元帰還困難 → 除染継続 → アルプス稼働 → 超汚染水は汚染に
→ 但し冷却不可欠 → 注水継続 →  汚染水膨増 → 貯蔵タンク限度 →  広域汚染水処分場論議 → 無限の連鎖 → 日本列島大●● →? ? ?

広告

ご感想や質問などのコメントをたくさんお寄せください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。