県人口の減少幅縮小 1月1日現在195万

県人口の減少幅縮小 1月1日現在195万

1月1日現在の県の推計人口は195万9644人で、前年同期に比べ2万3347人減り、減少率は1.18%だった。

東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響で、1年間で4万4147人減少した平成23年に比べ、減少幅は縮小したが、震災の影響が今も続いていることがあらためて示された。

県が25日、発表した。

昨年12月1日現在と比べ、879人減少した。

県人口の減少は22年5月以降、32カ月連続。

県人口が196万人を割り込んだのは、昭和50年9月1日現在の調査以来。

世帯数は71万7943世帯で、前年同期比で、1794世帯増えた。

1年間で人口減少が最も大きかったのは、いわき市の3457人。

郡山市の3299人、福島市の2796人と続いた。

減少率は金山町の4.36%、三島町の3.49%、昭和村の2.66%など中山間地域が高かった。

東日本大震災発生以前の平成23年3月1日から昨年末までの間で、出生数と死亡者数の差を示す自然動態は1万8617人減、転入者と転出者の動きを示す社会動態は4万6140人減となっている。

2013年01月26日

==================

県人口の減少幅縮小 1月1日現在195万9644人

1月1日現在の県の推計人口は195万9644人で、前年同期に比べ2万3347人減り、減少率は1.18%だった。
東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響で、1年間で4万4147人減少した平成23年に比べ、減少幅は縮小したが、震災の影響が今も続いていることがあらためて示された。県が25日、発表した。
昨年12月1日現在と比べ、879人減少した。
県人口の減少は22年5月以降、32カ月連続。県人口が196万人を割り込んだのは、昭和50年9月1日現在の調査以来。
世帯数は71万7943世帯で、前年同期比で、1794世帯増えた。1年間で人口減少が最も大きかったのはいわき市の3457人。郡山市の3299人、福島市の2796人と続いた。
減少率は金山町の4.36%、三島町の3.49%、昭和村の2.66%など中山間地域が高かった。
東日本大震災発生以前の平成23年3月1日から昨年末までの間で、出生数と死亡者数の差を示す自然動態は1万8617人減、転入者と転出者の動きを示す社会動態は4万6140人減となっている。

==================

「福島復興総局」来週発足 国出先3機関を

安倍晋三首相は25日、根本匠復興相(衆院本県2区)と首相官邸で会い、福島市にある復興庁福島復興局と環境省福島環境再生事務所、政府の原子力災害現地対策本部の総合調整などを図る新組織「福島復興再生総局」(仮称)を来週中に発足させるよう指示した。

東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの本県の復旧、復興の加速に向け、国の出先機関の縦割りを解消し、現地での意思決定を可能にするのが狙い。

再生総局には事務局長として復興庁のトップクラスの幹部を配置する。

復興局と環境再生事務所、現地対策本部は法律に基づいて設置されている。

統合や廃止には法改正が必要で、迅速に体制強化を進めるために各組織を残したまま、調整機能を有する新組織を設けて対応する。

復興庁は「除染を実施しながら復興に向けた事業を複合的に行う場合など2組織にまたがる取り組みの調整作業のスピードアップが期待される」としている。

ただ、新組織が屋上屋を架すことになりかねず、同庁は週明けまでに人員配置や詳細な役割も含め、体制の在り方を詰める方針だ。

安倍首相は今月10日の復興推進会議で福島復興局の機能強化について「東京本社かつ福島本社という2つの本社体制にする」との考えを示していた。

会談後に根本復興相は「分立している出先機関を一元化することで、かなり強力な体制ができると思う」と述べた。  2013年01月26日

広告

ご感想や質問などのコメントをたくさんお寄せください。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。